金利を比較するときの確認ポイント

金利は14%〜18%など下限金利〜上限金利で幅を持たせて記載されています。
返済実績が多い人には下限金利が適用される場合もありますが、ほとんどの場合上限金利で見ていく方が確実です。

無利息期間サービス

無利息期間があるキャッシング会社を利用すると30日間利息0円等のサービスを利用できるので、借りたお金だけを返済することができます。
あと数日後にお金が入る予定があるが急にお金が必要になり、手元の金額では足りない時などに便利です。
無利息サービスを受けるためには会社によっていくつか条件があり、初めての利用であること、メールアドレスの登録をすること、Web明細を利用すること、借入額は200万円まで、などがあります。
いずれも簡単な条件となっていますが、よく確かめて自分に合った会社を利用するのがポイントです。
金利優遇サービスなどのキャンペーンや、期間限定のサービス、住宅ローンを利用している人向けのサービスなど、キャッシング会社によって様々なサービスがあるので、該当する人は利用するとお得になります。

低金利のメリットと借入れ先

金利は実質年率なので、1年間借りた場合の利息を表しています。
例えば金利18%で10万円借りた場合は、1年で18000円の利息を払うことになります。
金利を使った、利用した日数ごとの利息の計算方法は「借入額×金利÷365日×借入れ日数=利息」です。
例えば10万円を借入れし、毎月5000円ずつ返済する場合は、金利18%と14%では完済までに5000円の差が生じ、返済期間は1か月の差が生じます。
このように、金利が低ければ低い程、利息が少なくなるため完済までの合計の返済額が少なくなるというメリットがあります。
借入れ先については、銀行カードローンの上限金利が14.5%程に対し消費者金融の上限金利が18%程と、消費者金融の方が5%程高くなっているため、低金利で借入れをするには銀行カードローンを選ぶ必要があります。
なぜこのような金利の差がでてくるのかというと、銀行カードローンは貸した人が払えなくなった場合、保証会社となっている消費者金融等が代わりにお金を払ってくれる仕組みになっているため、金利を低く設定できます。
しかし消費者金融は自らも銀行からお金を借りて運営しているため、その分銀行カードローンよりも金利が高くなってしまうのです。
その代わりに消費者金融は銀行カードローンより審査を通りやすいものにし、借りてもらいやすいようにしています。
ただ、専業主婦でもキャッシングできるのは銀行ローンだけです。
銀行カードローンは消費者金融よりも安い金利で借りることができるので働いていない主婦におすすめです。